2012年 10月 14日

プリウスαの話2

プリウスは誰でも簡単にエコ運転ができる。

納車前のお勉強期間が2カ月ありましたが掲示板にも書いて無かった事を今日発見しました。

それはプリウスのアクセルです。

高速道路
BMW時代の僕はそんなに飛ばし屋ではなかったですけど高速巡航120~140くらいは普通に出していました。
(多くの人が見ていないブログですからいいでしょう)

そんな僕がプリウスになってからはどういう訳か90~110までの間の巡航が多い。
少し速めの車にどんどん追い越されます。
特にエコカーというのは意識していません。

一般道路
信号が青になって2車線の隣に軽自動車のおばちゃん。
普通に軽のほうがぐんぐん進んでいきます。
同じく特にエコカーは意識していません。

以上は何もボタンを押さないノーマルモード。

もともと力はあります。
160キロなんてあっという間に出ますから。

じゃどうしてか?

アクセルの踏み込み重さが2段階だったのです。
これはソフトウエアでなくハードの方です。

半分くらいまでは軽い。
これが通常発進、及び高速90~110までの間となっていたタネ証しです。

勿論急加速はできます。
そうするには半分を過ぎて重いアクセル領域に入らなければいけません。
追い越しも。

高速も同じ。
重いアクセル領域でズーッと走るのはさすがに辛いですよね。

ノーマルモードの通常よりエコなプログラムとアクセルの重さで誰が運転しても無意識に20/Lを確保できる事になっているのです。

自分なりに良く見つけた!(笑)

*パワーモードは前車以上に加速力は体感できます。(でもその中間の設定が無い)

e0290160_17241163.jpg


by kazuhiro-u13 | 2012-10-14 17:27 | | Comments(4)
Commented by クラビクラ at 2012-10-15 08:02 x
おはようございます。
なるほど、昔大概の国産車はアクセルレスポンスが良い様に感じさせるのにアクセルペダルをやたら軽くした時期がありましたね。
Commented by kazuhiro-u13 at 2012-10-15 20:33
>クラビクラさん
国産は今でも変わりはありませんね。
BMWのアクセル、ステアリング操作感覚は1ミリ単位だとすると国産は5ミリ単位のように感じます。
そのあたりは割り切って乗るようにしています。
Commented by sikkyi at 2012-10-20 10:17 x
おはようございます。

新しい相棒が来たんですね(*^_^*)
最近、この車をよく見かけるのですが、プリウスの中ってこうなってるんだ(^^)
我が家では、一生縁のない車かもしれません。高級過ぎて。。。
エコカーいいですね♪
Commented by kazuhiro-u13 at 2012-10-20 18:50
>sikkyiさん
プリウスにも2種類ありまして、これはプリウスアルファという車です。
確かに普通の車より高いですが、税金と燃費を考慮すると距離乗る人には完全に元がとれるのかもしれません。
ガソリン減りませんよー。


<< 35年ぶり      新津車両製作所 >>