2013年 08月 24日

明治の機械

明治村の機械館

案内では鉄道寮新橋工場となっていますが、昔の機械の博物館で明治時代の日本の機械工業の近代化が見てとれます。

e0290160_8172843.jpg





この平削盤は明治政府が殖産興業を推進するために設置した直轄工場で製造されたもので、「菊の御紋」が付いている貴重なもの。
大変丁寧に使ってあって心打たれました。
アンティーク物としての価値はあるのかなー?(笑)多分ない。。。
この機械の居場所は博物館が一番最適だと思いました。
現代では平削り盤は使いません。
マシニングセンターでこれの何十倍も早く、何百倍も精度良く加工してしまいます。
e0290160_8175611.jpg



エアーハンマー(鍛造機)ですね。
ちゃんと金型が付いています。
e0290160_8173093.jpg



結構暗いのにこのカメラすごいですよ!
e0290160_8172386.jpg



機織り機かな?
e0290160_8172672.jpg


X-PRO1 XF18-55

by kazuhiro-u13 | 2013-08-24 08:38 | | Comments(2)
Commented by Tome300 at 2013-08-26 09:37
明治村楽しそうですね~
菊のご紋入りのプレーナー!!これで引いてもらったら時間単価10万位取られそう(^^;

この手の機械見てるだけで、たっぷり時間潰れそうですね。
Commented by kazuhiro-u13 at 2013-08-26 14:00
>Tomeさん
明治村おもしぇっスよ!
菊の紋章は効く!
まずこの機械に眼が行ってしまいます。
同じ事考えてました。
天皇陛下からいただいた機械で加工したから、この部品加工は「はい!100万円」( ̄ロ ̄;)!!
真夏でなければもう少しじっくり観察してみたかったです。


<< 広かった明治村      帝国ホテル >>