2014年 06月 05日

香る写真 α7

薔薇の香りが伝われば最高なのですが、今後技術が進歩しても無理でしょうね。

ここは地元の一般の民家の薔薇。

ここのご主人はきっと薔薇と話ができる人だ(去年も言ったか??)

世界一ボケの美しいレンズの威力がやっと発揮できたかもしれません(笑)
これ結構寄れます。

最近はA3くらいのプリントを想像しながら写した写真を選んでいます。
花に限って色はPCで見て鮮やかにパキッ!としているくらいが丁度いいかもしれません。

CやNはスタンダードだと何も面白くありませんね。RAW現像ありき?でもこれはプロ機を作っているメーカーの仕様だと思います。
SONYのスタンダードは結構個性強いです。好み別れます。(私は現像しています)
FUJIは普通にしてても色が美しく、パキッとしています。びっくりします。JPGで充分イケます。

もうフルサイズとか関係ありません。
意識した事ありません。
ちなみに感度を上げた時のノイズはFUJIの方が驚異的に少ないです。
センサーの大きさではありません、テクノロジーの勝利です^^多分。。。

この3枚は2470万画素のフルサイズです。

e0290160_5434963.jpg



e0290160_5434665.jpg



e0290160_21104692.jpg


SONY A7 135mmF2.8[T4.5]STF
(世界的にはα7と書かずにA7と表記するようです)

by kazuhiro-u13 | 2014-06-05 05:54 | 植物


<< 今年は早い      食欲の初夏 >>