2014年 11月 14日

2020年で・・

終了キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

どうやら私はあと6年で終了を迎えるようです。

「立つ鳥跡を濁さず」
静かにその時を迎えようと思います。

次は3Dプリンター職人目指そうかな(笑)
e0290160_1801114.jpg



e0290160_180954.jpg


by kazuhiro-u13 | 2014-11-14 18:03 | 日常 | Comments(2)
Commented by Tome300 at 2014-11-15 15:40
いや~、深刻な問題ですね~~
まぁでも、その頃はいい歳になってる訳だし、清く引退して新たな道を行くのも良いかも知れませんね。

幸いと言うか、残念ながらと言うか、私の仕事は入ってませんが、誰かコンピューターが自動で設計してくれるソフト開発してくれんかな・・・・とっても助かるんだけど。
昔、CADが出始めた頃コンピュータが自動で設計してくると大騒ぎしていた人がいた・・・様な記憶が。

んで、質問なのですが3Dプリンターで金型って作れるんですか?
知らない内に世の中進歩してるんだなぁ・・・
Commented by kazuhiro-u13 at 2014-11-15 17:40
>Tomeさん
一時期よりも3Dプリンターって言わなくなりましたね。
機械はどんどん良いものができています。
凄く高いものは精度もなかなか良いようです。
しかし様々な樹脂が使えなかったり、時間がかかったりして形状確認(サンプルだし)だけで使われているのが一般的です。いまだに樹脂を削り出すモデル屋さんは忙しいし・・。
バカ高い金属の積層もあります。これは一部金型の製品部として使われつつありますが、あくまでケースbyケース。
マシニングセンターも強烈に高速になっており従来のように削ったほうがはるかに速いです^^
したがいまして私、しばらくは金型職人として生きられそうです。
それより日本に金型が残るかどうかの方が心配です。
この資料は一部は納得しますがナンセンスな所もたくさんありますね。


<< 新発田「清水園」      こんな日もあるさ >>