2017年 04月 08日

灯台元暗し

いままで当社ではできないとしていた歯車の加工。
つい最近「できる」と判明(-_-;)歯車って産業革命以来規格化された重要機械要素のひとつですがその作図は難しく、歯車専用のソフトがはいってないとできないのです。
我々金型業者はしょっちゅう歯車の仕事があれば別ですけど、作図するにはそこそこ高いソフトが必要な為持ってないのが普通。
ですので当社も「もってない」ということになっていたのです。
この前、金型で使う歯車を依頼されて一度は断ったのですが色々調べていくうちに去年導入した、ワイヤーカット用にしては「たか~いCAM」ソフトに普通に標準としてついていたのを見つけました。
まったくもう1年以上できないものとしていたものがいとも簡単にできるではないですか。
当然その仕事は受けました。


e0290160_06285430.jpg



e0290160_06285786.jpg




私たち地方、新潟は来週半ばあたりに咲きそうです。
e0290160_06130692.jpg
X-TI 56mm


by kazuhiro-u13 | 2017-04-08 06:45 | 仕事 | Comments(2)
Commented by 花火星人 at 2017-04-08 15:14 x
花火星人もその昔、勉強したなぁ。
インボリュート曲線がどうとかこうとか。
今は、まったく関係ない仕事してますけど・・・(^_^;)
Commented by kazuhiro-u13 at 2017-04-08 18:08
花火星人さん
そう。インボリュート曲線の作図が難しいのですよね。
よくご存じで^^
しかし誰が考えたのでしょうね。
昔の人は偉いですね。まさしく革命ですね。


<< まさか!      今流行りの言葉の >>